カテゴリー「5 経営、戦略」の125件の記事

2018/05/21

日立製作所と東芝及び三菱電機の2017年度通期決算(2018年3月期)と2018年度通期予想

日立製作所東芝三菱電機から2017年度通期決算(2017年4月1日~2018年3月31日)と通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

hitachi_toshiba_mitubishi

日立製作所と三菱電機ともに主力事業が好調で、前年同期に対して増収増益となりました。

東芝は、売上高と営業利益は減収減益となりましたが、純損益は4期ぶりの黒字となり、2011年3月期の1,583億円を上回り7期ぶりの過去最高益を更新しています。

この純損益の増益は、傘下にあった米原発大手ウェスチングハウス関連の債権売却益などによるものです。

また、課題となっていた債務超過に関しても、2018年3月末の株主資本が7,831億円のプラスとなり、東京証券取引所への上場が維持されることになりました。

電機とITの決算 ≫ 日立、東芝、三菱電機の2017年度通期決算

 

続きを読む "日立製作所と東芝及び三菱電機の2017年度通期決算(2018年3月期)と2018年度通期予想" »

2018/05/17

ソニーとパナソニック及びシャープの2017年度通期決算(2018年3月期)と2018年度通期予想

ソニーパナソニックシャープから、2017年度通期決算(2017年4月1日~2018年3月31日)と通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

sony_panasonic_sharp

3社ともに主力事業が好調で、2017年度通期は前年同期に対して増収増益となっています。

  • ・ソニーは、スマートフォン事業で苦戦したものの他事業部門の好調で売上高及び営業利益ともに過去最高となり、中期計画の目標も達成しました。
  • ・パナソニックは、2015年度までは減収増益が続いていましたが、成長に向けた投資を加速した2016年度を経て、2017年度は「増収増益」へ転じました。
  • ・シャープは、全セグメントの売上高が伸長し、2007年度以来10年ぶりに全四半期が最終黒字となり、2011年度以来6年ぶりの10円復配を発表しています。

電機とITの決算 ≫ ソニー、パナソニック、シャープの2017年度通期決算

 

続きを読む "ソニーとパナソニック及びシャープの2017年度通期決算(2018年3月期)と2018年度通期予想" »

2018/05/07

富士通の2017年度通期決算、売上減収でも事業売却で純利益は過去最高益、2018年度は減収減益

先日(2018年4月27日)、富士通から2017年度通期決算(2017年4月1日~2018年3月31日)と2018年度通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

fujitsu_4q

売上高は、ネットワークの減収をPCの増加やサービスとデバイスの為替円安効果で約175億円増収したものの、ニフティの事業譲渡の影響で約520億円減が影響して、全体で345億円の減収となりました。

営業利益は、ネットワークやユビキタス及びサービスなど290億円減益したものの、前年計上のビジネスモデル変革費用の負担減で約420億円、事業譲渡影響で約700億円などにより、全体では650億円の増益となりました。

純損益は、金融損益等で532億円の増益に加え、富士通テンに関する増益影響70億円により808億円の増益となり、過去最高益となりました。

純利益が過去最高益になった要因は、『つながるサービス』の展開に向けて手を打ってきたことの成果であるとしています。

 

続きを読む "富士通の2017年度通期決算、売上減収でも事業売却で純利益は過去最高益、2018年度は減収減益" »

2018/05/04

NECの2017年度通期決算、パブリック部門の伸長で増収増益し、2018年度は減収減益の見込み

先日(2018年4月27日)、NECから2017年度通期決算(2017年4月1日~2018年3月31日)と2018年度通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

20180504nec_4q

パブリックとその他の2事業部門が増収増益になったことなどにより、全体では増収増益となりました。

このパブリック事業部門の増収増益は、2017年1月に日本航空電子工業を連結子会社にした影響で上乗せがあったとしています。

そして、2018年度の通期決算予想は、売上高及び営業利益、純損益の全ての指標で減収減益を見込んでいます。

 

続きを読む "NECの2017年度通期決算、パブリック部門の伸長で増収増益し、2018年度は減収減益の見込み" »

2018/02/18

ソニーとパナソニック及びシャープの2017年度第3四半期決算(2017年4月~12月)と通期予想

ソニーパナソニックシャープから2017年度第3四半期決算(2017年4月1日~12月31日)と通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

sony_panasonic_sharp

3社ともに主力事業が好調で、第3四半期は前年同期に対して増収増益となっています。

  • ・ソニーは、主軸事業のコンシューマエレクトロニクス事業の立て直しに取り組むみながら、「ソニーらしさ」の製品やサービスを打ち出し始めてきました。
  • ・パナソニックは、BtoBへシフトする中で、車載関連や住宅関連の事業成長により回復基調に転じてきています。
  • ・シャープは、全体の売上高の約半分を占め、液晶ディスプレーやテレビの販売を手掛けているアドバンスディスプレイシステム事業が好調を維持しています。

電機とITの決算 ≫ ソニー、パナソニック、シャープの2017年度第3四半期決算

 

続きを読む "ソニーとパナソニック及びシャープの2017年度第3四半期決算(2017年4月~12月)と通期予想" »

2018/02/15

日立製作所と東芝及び三菱電機の2017年度第3四半期決算(2017年4月~12月)と通期予想

日立製作所東芝三菱電機から2017年度第3四半期決算(2017年4月1日~12月31日)と通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

hitachi_toshiba_mitubishi

日立製作所と三菱電機ともに主力事業が好調で、第3四半期は前年同期に対して増収増益となり、三菱電機は通期予想を前回予想から上方修正しています。

東芝の第3四半期は、前年同期に対して売上高及び営業利益ともに減収減益となったものの、純損益は大幅に改善して黒字となっています。、

通期予想は、メモリ事業を非継続事業へ組み替えたことなどにより、売上高及び営業利益は前回予想から下方修正し、純利益はウェスチングハウス社関連債権譲渡による売却益とメモリ事業の分割に伴う税額影響の減少などにより、一転黒字に大幅上方修正して7期ぶりに最高益を更新しそうです。

電機とITの決算 ≫ 日立、東芝、三菱電機の2017年度第3四半期決算

 

続きを読む "日立製作所と東芝及び三菱電機の2017年度第3四半期決算(2017年4月~12月)と通期予想" »

2018/02/10

NEC「2020中期経営計画」達成には相当の努力が必要、過去の中期計画の目標値と未達成の歴史

先日(2月1日)、当サイトでも掲載した通り、NECから「2020中期経営計画」が発表されました。

20180210nec_y_g

「2018中期経営方針」で設定していた目標値を2020年に延期し、「成長軌道に回帰するために必要な投資を実現すべく、固定費の削減を含む抜本的な収益構造改革に踏み切る」として、方針を新たに策定しています。

そこで、過去の主な中期経営計画の達成度を確認してみると、毎回未達成に終わっています。

今回の「2020中期経営計画」達成には、相当の努力が必要と感じました。

続きを読む "NEC「2020中期経営計画」達成には相当の努力が必要、過去の中期計画の目標値と未達成の歴史" »

2018/02/03

富士通の2017年度第3四半期決算、円安と国内堅調もニフティ売却で減収、不採算案件で営業利益減

先日(2018年1月31日)、富士通から2017年度第3四半期決算(2017年4月1日~12月31日)と通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

20180203fujitsu_3q

売上高は、円安効果と国内サービスとデバイスなどが堅調に推移して370億円増であったものの、ニフティの事業売却影響で約390億円減が影響して、全体で23億円の減収となりました。

営業利益は、ニフティの資産売却で約160億円プラスがあったものの、ネットワークやサービスなどの本業で323億円減が影響して、全体では159億円の減益となりました。

なお、第3四半期に、国内外ともに2桁億円規模の不採算案件が利益に影響したが、一時的なものであるとしています。

続きを読む "富士通の2017年度第3四半期決算、円安と国内堅調もニフティ売却で減収、不採算案件で営業利益減" »

2018/02/01

NECが「2020中期経営計画」発表、目標値達成に向けて固定費の削減を含む抜本的な収益構造改革

今回(1月30日)の2017年度第3四半期の決算発表に合わせて、「2020中期経営計画」も発表されました。

2020_nec

「2018中期経営計画」では、2018年度の目標は売上高が3兆円、営業利益を1,500億円としていましたが、特に営業利益の2017年度予想では600億円となっており、達成は困難な状況にあります。

「2018中期経営方針」では、「収益構造の立て直しとして営業利益率5%を実現する収益構造の立て直し」、「成長軌道への回帰として注力事業への集中」を挙げていましたが、改善目標は概ね順調としながら、既存事業が予想以上に落ち込んでいると評価しています。

例えば、2014年度まで営業利益率8%を超えて600億円以上の利益を向上していたテレコム事業は、国内通信基地局向けの需要が一巡して、2016年度は195億円に縮小しています。

続きを読む "NECが「2020中期経営計画」発表、目標値達成に向けて固定費の削減を含む抜本的な収益構造改革" »

2018/01/30

NECの2017年度第3四半期決算、パブリック部門の伸長で増収増益し、通期予想も上方修正

本日(2018年1月30日)、NECから2017年度第3四半期決算(2017年4月1日~12月31日)と通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

20180130nec_3q

パブリックとシステムプラットフォームの2事業部門が増収増益になったことなどにより、全体では増収増益となりました。

このパブリック事業部門の増収増益は、2017年1月に日本航空電子工業を連結子会社にした影響で上乗せがあったとしています。

一方、製造業や流通業、金融業など企業向けの「エンタープライズ」事業部門、通信事業者向けの「テレコムキャリア」事業部門は、減収減益となりました。

そして、2017年度の通期決算予想は、売上高及び営業利益、純損益の全ての指標を上方修正しています。

続きを読む "NECの2017年度第3四半期決算、パブリック部門の伸長で増収増益し、通期予想も上方修正" »

より以前の記事一覧

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――