« NECと富士通の2013年度通期決算、NECは減収でも最終黒字、富士通は6期ぶり増収で最終黒字 | トップページ | 国内電機の2014年度第1四半期決算と通期予想、NECは減収増益で赤字縮小、富士通は増収増益で黒字転換 »

2014/08/01

国内電機の決算まとめ、2013年度(2014年3月期、2013年4月~2014年3月)

国内の電機8社の2013年度(2014年3月期、2013年4月~2014年3月)決算を整理します。

20140801denki_y


最近の国内外の景気持ち直しと円安影響に加え、構造改革の進み具合により差はあるものの、NECとソニーを除く各社は前年度の業績を上回っています。

しかし4月以降は、消費税増税前の駆け込み需要の反動が起こる可能性もありますし、過度の構造改革であった場合の競争力低下も懸念されます。

2014年度(2015年3月期)には、各社の得意領域を確立し、真の復活を期待しています。

 

電機とITの決算 ≫ 国内電機の2013年度(平成25年度)決算まとめ

 

2013年度通期の決算概況(売上と営業利益)は、以下の通りです。

NEC、富士通

ICT関連事業が中心のNECと富士通は、国内を中心としたシステムインテグレーションやパソコンが増収したものの、携帯電話関連事業のマイナスが大きく影響しました。

NEC

20140801nec_y

富士通

20140801fujitsu_y

 

日立製作所、東芝、三菱電機

日立製作所や東芝及び三菱電機は、各社の得意分野を活かして増収増益となりました。

なお東芝は、税金費用増加の影響で純損益は前年度を下回りました。

日立製作所

20140801hitachi_y

東芝

20140801toshiba_y

三菱電機

20140801mitubishi_y

 

ソニー、パナソニック、シャープ

パナソニックとシャープは、円安の好影響に加え、国内での消費税増税前の駆け込み需要、グローバルでの市場回復などにより増収増益となりました。

ソニーは増収したものの大幅な営業赤字となり、本格的業績回復には今後の構造改革の実現次第となりそうです。

特にソニーとパナソニックの明暗を分けたのは、2012年度に遡ると考えています。

ソニーは資産売却に頼るところが大きかったのに対し、パナソニックは「雌伏」を選んでいます。

両社ともに、2011年度にテレビ不振などが打撃となり、巨額最終損失を計上しました。

  • ・パナソニックは2011年度、2012年度と7,000億円超の最終赤字を計上しました。
  • ・それに対し、ソニーは2011年度の最終赤字4,566億円から、2012年度には415億円の最終黒字に急浮上し、
    営業損益ベースでも、2011年度672億円の営業損失から、2012年度には2,265億円の営業黒字へ回復しました。

しかし、ソニーの改善の多くは事業に起因するものではなく、資産売却によるものです。

ソニーは米国会計基準を採用していますので、一時的な資産売却が特別利益ではなく営業利益ベースに計上されます。
2012年度はニューヨーク本社ビル、大崎駅前の自社ビル、保有するエムスリー株などの売却益で、計2,000億円以上の売却益を計上して営業利益を押し上げています。

一方パナソニックは、2012年度はのれんや無形資産の減損損失などで約4,000億円を計上し、7,543億円の最終赤字となりましたが、構造改革のメドをつけているように見えます。

しかし、2013年度売上高の対前期4,000億円超の増収は円安効果によるものであり、為替要因を除けば前期比約4%の減収になっています。
また営業利益の増益約1,400億円も、リストラ分400億円を含む固定費圧縮の約1,000億円と、役員報酬や給与の削減などの約500億円で、営業利益を押し上げた構図になっているのが実態です。

両社は2013年度から新たな3ヶ年中期計画をスタートしていますが、パナソニックは計画を達成できる線で業績を推移させていますが、ソニーは難しいようで2014年度に見直すことを発表しています。

ソニー

20140801sony_y

パナソニック

20140801panasonic_y

シャープ

20140801sharp_y

 

2013年度(平成25年度)

2013年度(平成25年度)通期決算と2014年度予想

2014.8.08 2013年度(平成25年度)決算まとめ、海外売上と中期計画

2014.5.01 2013年度通期決算と2014年度予想:NEC、富士通

 

2013年度(平成25年度)第3四半期と通期予想

2014.2.13 国内電機の2013年度第3四半期決算と通期予想のまとめ

2014.2.11 2013年度第3四半期決算と通期予想:ソニー、パナソニック、シャープ

2014.2.04 2013年度第3四半期決算と通期予想:日立製作所、東芝、三菱電機

2014.2.03 2013年度第3四半期決算と通期予想:NEC、富士通

 

2013年度(平成25年度)第2四半期と通期予想

2013.11.9 2013年度第2四半期決算と通期予想:ソニー、パナソニック、シャープ

2013.11.8 2013年度第2四半期決算と通期予想:日立製作所、東芝、三菱電機

2013.11.7 2013年度第2四半期決算と通期予想:NEC、富士通

2013.11.6 国内電機の2013年度第2四半期決算と通期予想のまとめ

 

2013年度(平成25年度)第1四半期と通期予想

2013.8.19 2013年度第1四半期決算:ソニー、パナソニック、三菱電機、シャープ

2013.8.15 2013年度第1四半期決算:NEC、富士通、日立製作所、東芝

 

電機とITの決算 ≫ 国内電機の2013年度(平成25年度)決算まとめ

 

 

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ follow us in feedly RSSリーダーで購読する

 

« NECと富士通の2013年度通期決算、NECは減収でも最終黒字、富士通は6期ぶり増収で最終黒字 | トップページ | 国内電機の2014年度第1四半期決算と通期予想、NECは減収増益で赤字縮小、富士通は増収増益で黒字転換 »

5.経営、戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90991/60080255

この記事へのトラックバック一覧です: 国内電機の決算まとめ、2013年度(2014年3月期、2013年4月~2014年3月):

« NECと富士通の2013年度通期決算、NECは減収でも最終黒字、富士通は6期ぶり増収で最終黒字 | トップページ | 国内電機の2014年度第1四半期決算と通期予想、NECは減収増益で赤字縮小、富士通は増収増益で黒字転換 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――