« Ⅱ.「組織の記憶力」と「トランザクティブ・メモリー」 | トップページ | Ⅳ.「イノベーションのジレンマ」と「両利きの経営」 »

2012/12/12

Ⅲ.研究手法論から得られる、経営分析の実践への教訓

20130111_9

世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア
入山 章栄(著)
出版社:英治出版(2012/11/13)
Amazon.co.jp:世界の経営学者はいま何を考えているのか

 

 

Ⅲ.研究手法論から得られる、経営分析の実践への教訓

「見せかけの経営効果」にだまされないために

  • ・経営方針と業績の関係は、別の第三の要因が出発点になっていて、見かけ上、経営効果があるように見えるだけかもしれない。
  • ・戦略と業績データを見せられ、その戦略に経営効果があるという主張を聞かされたときには、「内生性」や「モデレーティング効果」を考慮しているかを念頭におく。
  • ・安易に結果を受け入れるのではなく、自分自身で因果関係を確認する
ベンチマークでは、
  • ・対象企業の戦略と業績とを安易に結びつける前に、なぜその企業がその戦略を選んだのか背景を徹底的に分析し、別の要因が業績に影響を与えていないか疑ってみる。
  • ・その経営効果は、どのような条件でも常に成立するかを疑ってみる。
    業界トップの企業だけを調査するのではなく、業績が好調でない企業も対象に加える。

 

1.過去に発表された研究成果を否定

マイルズ・シェイバー教授(1998年)

(1)「経営戦略が業績に与える効果」を回帰分析した過去の研究の多くは間違っている可能性がある。

(2)「独自資本の方が買収よりも、その後の海外子会社の業績にプラスの影響を与える」という因果関係ではなく、重要な出発点は「企業の優れた技術力」であるという「内生性の問題」をはらんでいると提唱。

(3)内生性の問題(Endogeneity problem)
回帰分析の説明変数と誤差項に相関があり、回帰分析の有効性に重要な一致性の条件を満たさないこと。

2.複雑な因果関係を組み入れた経営効果を分析

ダグラス・ミラー教授(2006年)

(1)「事業の多角化は、企業価値にプラス効果がある」ではなく、「多角化が企業価値に与える経営効果そのものが、知的財産という別の要因に影響されている」ことを研究。

(2)モデレーティング効果
ある変数から別の変数への効果の強さが、さらに別の変数によって左右される。
経営戦略の効果は、ある条件を企業が満たしたときにだけ成立することが少なくない。

 

参考

2012.12.10 書籍 世界の経営学者はいま何を考えているのか(当ブログ)

 

20130111_10

世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア
入山 章栄(著)
出版社:英治出版(2012/11/13)
Amazon.co.jp:世界の経営学者はいま何を考えているのか

 

他の特集記事

 ≫ 「世界の経営学者はいま何を考えているのか」まとめ

    ≫ Ⅲ.研究手法論から得られる、経営分析の実践への教訓

 

 

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ follow us in feedly RSSリーダーで購読する

 

« Ⅱ.「組織の記憶力」と「トランザクティブ・メモリー」 | トップページ | Ⅳ.「イノベーションのジレンマ」と「両利きの経営」 »

5.経営、戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90991/56601347

この記事へのトラックバック一覧です: Ⅲ.研究手法論から得られる、経営分析の実践への教訓:

« Ⅱ.「組織の記憶力」と「トランザクティブ・メモリー」 | トップページ | Ⅳ.「イノベーションのジレンマ」と「両利きの経営」 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――