« 日経BP社「第5回クラウドランキング」ベストブランドから見えるベンダーの取り組み | トップページ | NECの2012年度上期決算(第二四半期2012年4~9月)、増収増益で4期ぶりに黒字達成 »

2012/10/25

日経BP社「第5回クラウドランキング」ベストサービスに選出された注目のサービス

先日(2012年10月9日)、日経コンピュータとITproから「第5回クラウドランキング」で、「ベストサービス(7部門)」と「ベストブランド(1部門)」が発表されました。

当ブログでも「ベストブランド」を中心に、クラウドの動向と注目ベンダーを個人的に考察しました。

20121025cloud


今回は、6部門で顔ぶれが変わった「ベストサービス(7部門)」について整理します。

なお、詳細を確認したい方は、日経コンピュータ(2012.10.11号)をご覧ください。

 

ベストサービス

  • ・これまでと同様、7部門において企業利用の視点から優れた特徴を備えたクラウドサービスや提供ベンダーを評価しています。
  • ・今回から、複数の部門で評価項目が追加されました。
    クラウドサービスは、もはや基幹系システムの採用事例も増えてきていることから、サービスの充実度や運用支援などの導入フェーズの評価項目が加わっています。
  • ・6部門で顔ぶれが変っています。
    ほとんどの部門で調査分野「実績」や「サービス内容」の得点が高く、今後は「料金」や「サポート」の具体的な導入及び導入後のサポート面でのサービス充実に課題が移ってきているようです。

 

20121025saas


1.クラウド基盤サービス部門:IaaS/PaaS

【調査分野】9分野、43項目 → 選出:11サービス(前回:10サービス)

  • ハードリソース、ソフトリソース、料金、契約、運用、信頼性、保守、セキュリティ、実績

【今回の変更された評価】

  • ・「ハードリソース」に「専有リソース提供」項を追加
  • ・「ソフトリソース」に「分散ミドルウェア」項を追加
  • ・「運用」に「互換クラウドの他社提供」項を追加
  • ・「信頼性」に「稼働状況の定期報告」項を追加

【動向】

  • ・NTTコミュニケーションズ(Bizホスティング)、IDCフロンティア(IDCフロンティアクラウドサービス)、アマゾン データ サービス ジャパン(AWS)の上位3サービスは、9分野中8分野で満点を獲得しています。
  • ・今回、日本IBM(SmarterCloud Enterprise)が5位に、日本ユニシス(U-Cloud Iaas)が11位に再選出され、仮想化ソフトの利用が「ソフトリソース」分野の評価を上げる要因となったようです。
  • ・今回の特徴は、「保守サポート」分野で満点を獲得しているサービスが11サービス中8サービスあり、24時間365日、電話やメールなど複数手段による受付などは必須のサービスとなってきています。

【上位5サービス】

1位:NTTコミュニケーションズ(Bizホスティング)
2位:IDCフロンティア(IDCフロンティアクラウドサービス)
3位:アマゾン データ サービス ジャパン(AWS)
4位:NECビッグローブ(BIGLOBEクラウドホスティング)
5位:日本IBM(SmarterCloud Enterprise)

 


20121025sien

 

2.パブリッククラウド導入支援サービス部門

【調査分野】6分野、26項目 → 選出:1サービス(前回:3サービス)

  • サービス内容、提供要員、提供拠点、利用開始支援、保守運用支援、実績

【今回の変更された評価】

  • ・「保守運用支援」に「稼働状況の定期報告」項を追加

【動向】

  • ・今回選出されたのは、テラスカイ(クラウド導入コンサルティング・支援サービス)のみでした。
  • ・6分野中4分野で満点を獲得し、セールスフォース・ドット・コムやアマゾン ウェブ サービスのクラウド導入支援を主に手掛け、事前コンサルティングから運用保守までをサポートしているのが評価されたようです。
  • ・選出されなかった他サービスにおいても、事前コンサルティングから運用保守までをサポートしている企業が多く、今後「運用要員」や「実績」分野での評価を上げるための独自サービスの確立が課題となってきそうです。

【選出されたサービス】

1位:テラスカイ(クラウド導入コンサルティング・支援サービス)

 

3.プライベートクラウド構築支援サービス部門

【調査分野】7分野、28項目 → 選出:5サービス(前回:5サービス)

  • サービス内容、提供要員、提供拠点、料金、製品/技術、運用、実績

【今回の変更された評価】

  • ・「サービス内容」に「デスクトップ仮想化」「ネットワーク仮想化」も評価
  • ・「製品/技術」に「分散ミドルウェア」項を追加

【動向】

  • ・選出された5サービスは、「サービス内容」「実績」分野ともに満点もしくは満点に近い評価を獲得しています。
  • ・「料金」や「運用OS」分野に関しては各サービスの特徴が出ておりますが、今後はこの分野に加え「提供要員」の充実や差別化が課題となってきそうです。

【選出されたサービス】

1位:日立製作所(プライベートクラウドソリューション)
2位:NTTコミュニケーションズ(クラウドマイグレーションサービス)
3位:富士通(プライベートクラウドサービス)
4位:日本IBM(IBMプライベート・クラウド構築支援サービス)
5位:新日鉄住金ソリューションズ(NSGRANDIR+)

 

20121025gyomu

 

4.汎用業務系SaaS部門:ERP、人事、CRMなど

【調査分野】8分野、34項目 → 選出:4サービス(前回:6サービス)

  • サービス内容、カスタマイズ、料金、契約、信頼性、保守、セキュリティ、実績

【今回の変更された評価】

  • なし

【動向】

  • ・順位の変動はあるものの、選出された顔ぶれに変化はありませんでした。
  • ・1位は前回と同じ日立製作所(企業間ビジネスメディアサービス)でしたが、「サービス内容」「実績」分野で満点を獲得しています。
  • ・4位のNTTコミュニケーションズは、特に「カスタマイズ」分野で満点を獲得しており、他社を引き離しています。

【選出されたサービス】

1位:日立製作所(企業間ビジネスメディアサービス)
2位:ネットスイート(NetSuite/NetSuite OneWorldなど)
3位:日本オラクル(Oracle CRM On Demand)
4位:NTTコミュニケーションズ(Salesforce over VPN)

 

5.汎用情報系SaaS部門:Web会議、eラーニング、セキュリティなど

【調査分野】8分野、34項目 → 選出:16サービス(前回:14サービス)

  • サービス内容、カスタマイズ、料金、契約、信頼性、保守、セキュリティ、実績

【今回の変更された評価】

  • なし

【動向】

  • ・日本ユニシスは今回3サービス(前回1サービス)選出され、NTTコミュニケーションズ(Bizマネージドセキュリティサービス)も新たに選出されました。
  • ・選出された16サービス中14サービスが「サービス内容」分野で満点を獲得していますが、「料金」「カスタマイズ」分野では総じて得点が低く、今後の課題となりそうです。

【上位5サービス】

1位:ネットラーニング(Multiverse)
2位:ブイキューブ(V-CUBE ミーティング)
3位:日本ユニシス(LearningCast update9)
4位:ブイキューブ(V-CUBE セミナー)
2位:ブイキューブ(V-CUBE ドキュメント)

 

6.特定業種業務向けSaaS部門:金融系、教育機関、電子カルテ、自治体向けなど

【調査分野】8分野、34項目 → 選出:8サービス(前回:5サービス)

  • サービス内容、カスタマイズ、料金、契約、信頼性、保守、セキュリティ、実績

【今回の変更された評価】

  • なし

【動向】

  • ・学校向け授業管理システムの日本ユニシス(RENANDI)と育児休業者オンライン支援のwiwiw(wiwiw)が、今回新たに選出されました。
  • ・選出されたサービス全てが、「サービス内容」分野で満点もしくは満点に近い評価を獲得していますが、「実績」分野は総じて低い評価でした。

【上位5サービス】

1位:日本ユニシス(RENANDI)
2位:wiwiw(wiwiw)
3位:日本ユニシス(TRADEBASE for FX)
4位:TDCソフトウェアエンジニアリング(HANDyTRUSt)
5位:インターネットイニシアティブ(IIJ Raptorサービス)

 

20121025dc


7.データセンター部門

【調査分野】6分野、32項目 → 選出:4サービス(前回:4サービス)

  • 規模、建物性能、ネットワーク、料金、保守サポート、実績

【今回の変更された評価】

  • なし

【動向】

  • ・選出された4サービスは、「ネットワーク」「保守サポート」「実績」分野ともに満点もしくは満点に近い評価を獲得しています。
  • ・「規模」分野においても高い評価を得ており、国内10地域ほとんどに展開しているのに加え、海外主要8地域に対しても「北米」「中国」「中国除くアジア」は全サービス展開しており、「オセアニア」「欧州」にも4サービス中3サービスが展開しています。
  • ・1位は前回と同じNTTコミュニケーションズでしたが、料金体系の明確さや最低契約期間「なし」、全世界約130拠点の展開などが高く評価されたようです。

【選出されたサービス】

1位:NTTコミュニケーションズ
2位:KDDI
3位:富士通
4位:日立製作所

 
 

参考:関連する当ブログ記事

・2012.3.27 日経BP社発表「第4回クラウドランキング」からの考察

 

参考:クラウドランキング

ベストサービス7部門中6部門で顔ぶれ変わる~「第5回クラウドランキング」を発表
2012年10月9日、日経コンピュータ/ITpro

 
 
 

IT業界の今後 

 ≫ 「第5回クラウドランキング」ベストブランドからの考察

 ≫ 「第5回クラウドランキング」ベストサービスに選出されたサービス

 

 

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ


 

 

« 日経BP社「第5回クラウドランキング」ベストブランドから見えるベンダーの取り組み | トップページ | NECの2012年度上期決算(第二四半期2012年4~9月)、増収増益で4期ぶりに黒字達成 »

3.IT動向」カテゴリの記事

コメント

今日は~^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90991/55970797

この記事へのトラックバック一覧です: 日経BP社「第5回クラウドランキング」ベストサービスに選出された注目のサービス:

« 日経BP社「第5回クラウドランキング」ベストブランドから見えるベンダーの取り組み | トップページ | NECの2012年度上期決算(第二四半期2012年4~9月)、増収増益で4期ぶりに黒字達成 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――