« 富士通とNECの2011年度(平成23年度)通期決算は両社とも減収減益、2012年度予想も発表 | トップページ | 書籍 製造業が日本を滅ぼす 貿易赤字時代を生き抜く経済学 »

2012/05/05

国内電機 三菱電機とシャープの2011年度(平成23年度)決算と2012年度予想 両社も減収減益

先日、富士通とNECの2011年度(平成23年度、2011年4月~2012年3月)通期決算と2012年度予想を整理しましたが、同日に三菱電機(株)とシャープ(株)も発表がありましたので概要を整理します。

20120505denki_2


三菱電機とシャープの両社とも、液晶テレビなどの家電製品関連事業の落ち込みが影響し、前年に対し減収減益となっています。
各社の概況は以下の通りです。

 

三菱電機は、
・薄型テレビなど家電製品が落ち込んだが、社会インフラやFA(ファクトリーオート
 メーション)など対法人事業でカバーし、純利益1,120億円(対前年125億円減)と
 減益幅を小さく抑えた。
・連結子会社など4社が防衛省との契約で費用の過大計上や不適切な請求を行ってい
 たことによる指名停止又は競争参加資格停止の業績への影響については、今回には
 織り込まれていない。

シャープは、
・前回予想の純利益△2,900億円に対し、△3,760億円(対前年3,954億円減)と大赤字
・特別損失として、合計1,547億円を計上
 大型液晶操業損失が258億円のほか、構造改革費用1,171億円(IGZOパネル生産転
 換のための377億円、大型液晶の経営体制改善で681億円)など

 

両社の事業セグメント別の業績概要は、以下の通りです。

三菱電機

20120505mitubishi_2


□2011年度通期決算の概況

[重電システム]
・社会インフラ事業は電力事業の国内伸長及び海外大口案件の受注により受注は前年
 度を上回ったが、国内の公共事業の減少などにより売上は前年度を下回る。
・ビル事業は、中国及びASEANにおける昇降機の需要増加や大口案件の計上によ
 り、受注及び売上ともに前年度を上回る。

[産業メカトロニクス]
・FAシステム事業はフラットパネルディスプレイ関連需要の減少などにより受注は
 前年度を下回るものの、アジアを中心としたスマートフォン関連需要は底堅く売上
 は前年度を上回る。
・自動車機器事業は、新興国市場の拡大や北米市場の回復により、受注及び売上とも
 前年度を上回る。

[情報通信システム]
・通信事業は、通信インフラ機器などの需要増加や大口案件の受注などにより、受注
 及び売上とも前年度を上回る。
・情報システムサービス事業は、システムインテグレーション事業などの伸長により、
 売上は前年度を上回る。
・電子システム事業は、宇宙事業の大口案件減少により受注は前年度を下回ったが、
 電子事業の増加により売上は前年度を上回る。

[電子デバイス]
・半導体事業は、産業用パワー半導体などの需要減少により受注は前年度を下回った
 が、産業用や民生用などのパワー半導体の増加により売上は前年度を上回る。
・液晶事業は、産業用途や車載用途製品の需要増加により、受注及び売上とも前年度
 を上回る。

[家庭電器]
・家庭電器事業は、国内向け液晶テレビの需要低迷、海外向け太陽光発電システム、
 国内向け給湯器及びIH調理器の減少により、売上は前年度比92%となる。

 

シャープ

20120505sharp_2


□2011年度通期決算の概況

[エレクトロニクス機器セグメント]
・売上高が17.2%減の1兆6,309億円、営業利益は35.6%減の510億円。
・AV通信機器の売上高は25.6%減の1兆611億円、営業利益は△62億円赤字。
・液晶テレビの販売台数は17.1%減の1,229万台。
 米国ではテレビの大型化で、海外販売は台数と金額とも前年を上回ったが、国内販
 売の大幅減と中国の伸び悩み、単価下落で減収となる。
・健康環境機器は、売上高が8.3%増の2,923億円、営業利益は47.6%の295億円。
・情報機器は、売上高1.3%増の2,776億円、営業利益49.5%増の277億円。
 LED照明や空気清浄機など白物家電が好調、情報機器はカラー複合機などが堅調

[電子部品セグメント]
・売上高が23.92%減の1兆1,830億円、営業利益は△546億円。
・液晶事業は、売上高は29.8%減の7,209億円、営業利益は△422億円。
 モバイルは堅調だったが、大型の市場環境悪化で工場の稼働率低下が影響した。
・太陽電池も収益悪化。売上高は15.7%減の2,239億円、営業利益は△220億円。
 欧州市場の需要減退、国内市場の価格下落が影響した。

 

□2012年度通期への取組み概要

・液晶事業と太陽電池事業の構造改革、経営組織刷新と人員の重点部門シフト、財務
 体質改善などの業績改善対策に取り組む。
・薄型テレビ事業の見通しは、売上高が'11年度比14%減の5,000億円、販売台数目標
 は同18.7%減の1,000万台。
 60型以上の大型テレビを国内外で強化し、事業を拡大し、国内中心に営業体制を見
 直して収益を改善を見込む。
・携帯電話は、売上高'11年度比8.5%減の2,800億円、販売台数は変わらず770万台。
・電子部品セグメントの液晶事業で、IGZO液晶の本格量産開始やモバイル端末用液晶
 の販売増で収益を改善。売上高は'11年度比29%増の9,300億円を目指す。
・太陽電池は、7月スタートの国内全量買取制度に向けた体制強化、海外工場の生産
 体制を強化を図る。

 

【参考】

 2012.4.27 三菱電機㈱「2011年度(2012年度3月期)通期決算」発表資料

 2012.4.27 シャープ㈱「2011年度(2012年度3月期)通期決算」発表資料

 当ブログ

・2012.5.3 富士通とNECの2011年度(平成23年度)通期決算と2012年度予想

・2012.2.4 国内電機各社の決算 2011年度(平成23年度)第3四半期と通期予想

 
 
 

電機とITの決算 ≫ 三菱電機とシャープの2011年度通期決算と2012年度予想

 
 
 
 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

 

 
 

« 富士通とNECの2011年度(平成23年度)通期決算は両社とも減収減益、2012年度予想も発表 | トップページ | 書籍 製造業が日本を滅ぼす 貿易赤字時代を生き抜く経済学 »

5.経営、戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90991/54633690

この記事へのトラックバック一覧です: 国内電機 三菱電機とシャープの2011年度(平成23年度)決算と2012年度予想 両社も減収減益:

« 富士通とNECの2011年度(平成23年度)通期決算は両社とも減収減益、2012年度予想も発表 | トップページ | 書籍 製造業が日本を滅ぼす 貿易赤字時代を生き抜く経済学 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――