« Facebookがモデルの映画 売上順調 | トップページ | 部分最適から全社最適へ »

2010/10/06

書籍 バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある

20101006

バイラル・ループ
あっという間の急成長にはワケがある

アダム・ペネンバーグ (著)、中山 宥 (訳)
出版社:講談社

詳しくはこちら

 

 

ユーチューブやミクシィ、フェイスブック、ツイッターなどの成功している「ウェブ2.0企業」には、すべて共通した「ある秘密」がある。

「バイラル・ループ」と呼ばれる現象が、ビジネス戦略に組み込まれている。
これはモノやサービスが人の口コミや紹介を通じて、「ウィルスのように伝播していく現象」のことである。

本当に気に入り、利用したいと考えたモノやサービスなら、消費者は自ずと周りの人に薦める。
利用者自身が気に入ったモノやサービスを積極的に紹介していく「バイラル・ループ」が拡がり、かつてないスピードで企業規模が急拡大している。

本著は、ニューヨーク大学のジャーナリズム学科准教授として教鞭を執る傍ら、ビジネス・エコノミック・プログラムのアシスタント・ディレクターを務めるアダム・ペネンバーグ氏が、「バイラル・ループ」を利用して世界的企業となった企業を取材し、その成功物語をまとめています。

「バイラル・ループ」にいち早く気付いた起業家や投資家、経営者たちがいかにしてそれを経営に活かしたかを、各企業の急成長ぶりを証言を元に解説しています。

「バイラル・ループ」を企業戦略に組み込むことで、飛躍的な成長や競合他社に差をつけるためのヒントがあり、ソーシャルメディアによるマーケティング戦略を考える人には参考になります。

 

バイラルのタイプ

1.バイラル・ループ
 概要:リンクをメールやブログ、サイトに組み込む
 事例:ホットメール、ユーチューブ

2.バイラル・ネットワーク
 概要:ネットワークが新たなネットワークを生み出す
 事例:イーベイ、フェイスブック、マイスペース、ツイッター、リンクトイン

3.ダブル・バイラル・ループ
 概要:バイラル・ループとバイラル・ネットワークが組み合わさったもの
 事例:ニング

 

バイラル・ループのメカニズム
                                          x
 利用者 → 自主的に友人を勧誘 → 勧誘を承諾
  ↑                                           ↓
   ――――――――――――――――――
               y

  x:勧誘を受けた友人の数、y:承諾率(%)

  バイラル係数:xとyの積 → 1を超えていれば、バイラル成長が発生

 

バイラルビジネス成功の条件

・ウェブスペース
・無料
・統合化のためのツールを提供
・コンセプトが単純
・バイラルループの種を内包
・成長が加速度的
・バイラル係数が高い
・成長が予測可能
・ネットワーク効果
・相乗効果
・他の追随を許さない
・究極の飽和状態

 

本著に出てきている事例のほとんどが米国のITベンチャーで、一般の方にはなじみがなく理解が難しいかもしれません。
しかし、それらの企業が急激に成長していった背景を読んで戦略のヒントにすることもできますし、その企業のサービス自体を自社のプロモーション戦略に利用することも有効だと思います。

 

参考:「バイラル・ループ」オフィシャルサイト
   インタビュー記事、試し読みやオーディオブックなどがあり、本著の内容を
   確認することができます。

   特に「試し読み」ではPDF版とWeb版があり、本著のまえがきから序章
   までと第9章を読むことができます。
   そして、お気に入りの文章にマークをつけて、ツイッターに投稿、知り合い
   と共有できる機能もあります。

 

« Facebookがモデルの映画 売上順調 | トップページ | 部分最適から全社最適へ »

8.書籍全体」カテゴリの記事

 8-1 経営、戦略、組織、実務」カテゴリの記事

 8-2 マーケティング、ブランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90991/49661028

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍 バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある:

» 読後評:バイラル・ループ Viral Loop  昨年の映画ベスト1が「アレ」でなければの理由がここにあった。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
新春1発めの読書は、なかなかの当たり。 唯一、ネットではないタッパーウエアが皮切り。 がこのあと、モザイク、ネットスケープ、ニング、ホットメール、イーベイ、ペイパル、フリッカー、youtube、ビーボそして締めはマイスペース、フェイスブック。 ...... [続きを読む]

« Facebookがモデルの映画 売上順調 | トップページ | 部分最適から全社最適へ »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――