« 書籍 トレードオフ | トップページ | 夢をかなえる方法 »

2010/07/10

書籍 リ・ポジショニング戦略

20100710

リ・ポジショニング戦略

ジャック・トラウト 、スティーブ・リブキン(著)
宮脇 貴栄(訳)
出版社:㈱翔泳社

詳しくはこちら

 

 

時代は変わった。市場も変わった。あなたはどうか?

競争の激しい困難な時代がやってきた。
過ちの代償は高くつき、一度逃した顧客を取り戻すのは並大抵ではない。

「ポジショニング」から約30年。今や「競争」「変化」「危機」の真っ只中。
 ・ライバルを蹴落とし、競争に勝つために
 ・あなたの頭の中の認識を、変化に適応させるために
 ・マクロとミクロの危機に対し、顧客の頭の中にある価値や概念に近づけるために
リ・ポジショニングで対応すべきである。

1980年、今やマーケティング理論の一つとして使われている「ポジショニング」という考え方を編み出した著者が、既存商品や企業のイメージを刷新(リ・ポジショニング)するための戦略を解説しています。

「ポジショニング」について改めて復習でき、そして今だからこそ「リ・ポジショニング」の必要性と考え方について参考になりました。

個人的な希望を言えば、
現状のポジショニングから「リ・ポジショニング」する上で、その視点や考え方、そして実践方法など、もう少し掘り下げて解説して欲しかったです。

 

ポジショニングとは、
 ・潜在顧客の脳の中にある自分自身のイメージを、他と差別化すること。
 ・コミュニケーションの過程で脳が行ったさまざまな活動の結果でもある。

リ・ポジショニングとは、
 ・自分自身やライバルに対して抱いている自分の認識を、少しずつ改めていくこと。
 ・その認識が自分自身に対するものでも、ライバルに対するものでも、
  それを改めるための戦略を成功させるには、脳がどのように動くか、
  人はどのように考えるかを理解しなければならない。

顧客の脳の中に既に位置づけられている「ポジション」を、時代やビジネス環境の変化にどのようにして合わせ、「リ・ポジション」するかについて考えるヒントを与えてくれました。

リ・ポジショニングの方法
 ・人々の認識にみずからを適合させていくこと。
 ・人の心を変えようとするのはリ・ポジショニングとは正反対の行為で、
  その人が持っている認識に逆らうこと。
 ・何か全てをリセットして一から再出発するのではなく、
  あくまでも現在の延長線上で考えなければならない。
 ・無理に力を入れて相手を引っ張るのではなく、相手の力を応用する形で
  体勢を変える。その地道な活動を継続しなければならない。

シンプルな解法であればこそ、消費者に受け入れられやすく、企業や組織も実行し継続がしやすくなるのではないかと思います。

 

参考:ポジショニング戦略[新版]

モノと情報があふれかえる現代社会で、マーケティングの成否の鍵を握っているのは「ポジショニング」、すなわち消費者の頭の中に商品の的確なイメージを築き上げることができるか否かである。

 

« 書籍 トレードオフ | トップページ | 夢をかなえる方法 »

8.書籍全体」カテゴリの記事

 8-2 マーケティング、ブランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90991/48845895

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍 リ・ポジショニング戦略:

« 書籍 トレードオフ | トップページ | 夢をかなえる方法 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――