« ITで「マーケティング形態」は変わるのか? | トップページ | IT業界の今後、「現状と今後の方向性」や「IT業界(ベンダー)自身の方向性」を整理 »

2010/03/01

ITで「購買行動」は変わるのか?リアルビジネスはAIDMA、PCサイトはAISAS、携帯サイトではAIAS

20100229

先日のセミナーで、「マーケティング形態の多様化」に加え、もう一つ「購買行動の多様化」もご紹介しました。

これもITとの係りの視点で整理しましたので大まかですが、非ネット時代とネット時代の「購買行動の違い」を理解して頂けたようです。

 

非ネット時代、いわゆるリアルの世界では、AIDMA

注意(Attention) ⇒ 関心(Interest) ⇒ 欲求(Desire)
  ⇒ 記憶(Memory) ⇒ 行動(Action

これがネット時代、その中でもPCと携帯電話となると、変わってきます。

PCサイトでは、AISAS

注意(Attention) ⇒ 関心(Interest)
  ⇒ 検索(Search) ⇒ 行動(Action) ⇒ 共有(Share)

  • ・検索して行動に至るまでには、比較サイトで価格や機能などを比較し、さらには口コミ情報も事前に確認できます。
  • ・そして購入後は、比較サイトや口コミサイトに評価を投稿する人もいます。

 

携帯電話サイトでは、AIAS

注意(Attention) ⇒ 関心(Interest)
  ⇒ 行動(Action) ⇒ 共有(Share)

  • ・行動に至るまでには比較もあるかもしれませんが、据え置きのPCと違って、持ち運べる携帯電話の特性上、欲求した時に行動したり、キャンペーンやクーポンを店頭に持って行っての購買になります。
  • ・「親指の先には、膨大な市場がある」
    携帯電話のキーを親指で押すので、こんな表現もできますね。

 

今や消費者は、口コミ情報、比較検討するための情報など、多くの情報を入手できるようになってきました。

そしてネットサービスの充実により、欲求から購買に至る時間も短くなる可能性もあります。

 

一方、悪い情報は瞬時に広まり、大きなダメージを受けることになります。

様々な企業は取り組みを始めていますが、「ネットからリアルへ、リアルからネットへ」と双方向でのビジネスモデルを工夫していくべきです。

そして購買行動を理解し、商品やサービスに応じたプロモーションを実施していくことが必要です。

 

ITのインパクト ≫ ITで「購買行動」は変わるのか?

 

 

« ITで「マーケティング形態」は変わるのか? | トップページ | IT業界の今後、「現状と今後の方向性」や「IT業界(ベンダー)自身の方向性」を整理 »

4.マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90991/47702035

この記事へのトラックバック一覧です: ITで「購買行動」は変わるのか?リアルビジネスはAIDMA、PCサイトはAISAS、携帯サイトではAIAS:

« ITで「マーケティング形態」は変わるのか? | トップページ | IT業界の今後、「現状と今後の方向性」や「IT業界(ベンダー)自身の方向性」を整理 »

フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――