« 祇園祭、歴史の伝承 | トップページ | 企業とITベンダーとのコミュニケーション »

2008/07/14

祇園祭、鉾と山の違い

」と「」の違いは、屋根の上です。

」は、「真木(シンギ)」という屋根の上に約20mの長い鉾が立っていて、そのてっぺんに「鉾頭」があり、それぞれの鉾の象徴が飾られています。

「真木」がある鉾は以下の9基ですが、3基は持っていないそうです。

これに対して「」は、「真木」ではなく松の木が飾られ、「真松(シンマツ)」と呼ばれています。

そして、「曳山(ひきやま)」3基と「舁山(かきやま)」20基に分かれています。

「舁山」は「かく」で、昔は人力で担いでいましが、現在は全て車輪がついています。

山鉾は、神を祀ったり、謡曲や故事を題材にされており、鮮やかな「前懸や胴懸」は重要文化財のものが多く、中には16世紀ベルギー製のものもあります。

 

「鉾」
  • ・重量:12トン、高さ:約25m(屋根までは、約8m)、車輪:直径約2m
  • ・屋根:長さ4.5m、巾3.5m、床面積:4畳半~6畳
  • ・曳子:30~50人(巡行で綱を曳く役)
  • ・音頭取:2人(曳子と車の操作の上に立つ指揮者、辻を曲る時は4人)
  • ・屋根方:4人(鉾の屋上で真木の動揺を加減し電線等の障害を調整する役)

「真木」がある鉾は以下の9基ですが、3基は持っていないそうです。
長刀鉾(ナギナタボコ)、月鉾(ツキボコ)、鶏鉾(ニワトリボコ)、菊水鉾(キクスイボコ)、函谷鉾(カンボコ)、放下鉾(ホウカボコ)

一方、以下の3基は「真木」を持っていません。
船鉾(フネボコ)、綾傘鉾(アヤガサボコ)、四条傘鉾(シジョウカサボコ)

  • ・「船鉾」は船の形をしていて、日本書記の神功皇后の新羅船出を題材にした鉾で、御神体は安産の神とされています。
  • ・「綾傘鉾」と「四条傘鉾」は台車の上に大きな傘をかけています。
    「綾傘鉾」は、前を棒振(ボウフリ)と呼ばれる踊りとお囃子が伴います。
    「四条傘鉾」は、傘の上に御幣と若松を飾るのが特徴です。

 

「山」
  • ・重量:1.2~1.5トン
  • ・曳方:14~24人

構造や重量には大きな差はなく、飾り金具や人形の大きさにより多少重量が異なります。

曳き山(岩戸山、北観音山、南観音山)の形態は鉾と同じですが、真木が松の木で、高さは地上約15mです。

 

参考情報

京都市観光協会サイト

祇園祭の紹介

鉾と山の解説

 

 

« 祇園祭、歴史の伝承 | トップページ | 企業とITベンダーとのコミュニケーション »

7.教訓、気づき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90991/41829519

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭、鉾と山の違い:

« 祇園祭、歴史の伝承 | トップページ | 企業とITベンダーとのコミュニケーション »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――