« 人間性は変えられるのか | トップページ | インタビュー能力 »

2006/07/15

SaaSとOS2.0 その1

SaaS:かつてのASPサービスの形態をとっているが、カスタマイズや他の
     アプリケーションとの連動等の制約を解決したサービス。

OS2.0:私の造語。
     これまでのノンコア業務を切り出すためにアウトソーサーに委託する
     のではなく、アウトソーサーの得意なサービスと都度柔軟に連携して
     新たなビジネスモデルを構築する形態。
     各社が得意領域で横断的に連携する「ネットワークアライアンス」ともいう。

1.ソフトウェア産業の新たな動き

 SaaSプロバイダの代表であるセールスフォース・ドットコム(Salesforce.com)は、「End of Software(ソフトウェアの終焉)」を唱えた。
企業がパッケージを購入する時代は終わり、ソフトウェア産業はサービス産業に変わっていくだろう。

実際、セールスフォース・ドットコムのユーザ数も、連携利用できるアプリケーション数も急激に増加しているし、SAPやマイクロソフト等のパッケージベンダーばかりか、オラクルもSaaSへの対応を打ち出している。

 かつて2000年ごろ、ネットワークを通じてアプリケーションをオンデマンドで使用し、その使用量に応じて課金されるASPが注目された。

しかし、主に以下の理由でユーザ数が増えなかった。
 ①当時のネットワークは、使用に耐えうる回線速度を確保するには高額になる。
 ②アプリケーションも利用企業に応じたカスタマイズが制限される。
 ③自社や他社のアプリケーションとの連動が困難である。
 ④外部にデータを預けることに対し不安がある。

ユーザ数が増えなければ、先行投資してサービス基盤を構築したアウトソーサーも資金回収できず、ASPは沈静化していった。

 しかし現在、上記の課題がほぼ解決され、アプリケーションをオンデマンドで提供する動きが再び活発化してきた。しかもWebアプリケーションである。
そこで、セールスフォース・ドットコムを例に、SaaSの特徴と既存ベンダーの動向について、次回に整理してみたい。

2.アウトソーシングの新たな動き

 一方、アウトソーシングにおいても新たな動きが始まろうとしている。
2000年前後にITを中心に積極的にアウトソーシングされたが、その契約が更新時期にきている。
その間、委託する企業と受託するアウトソーサーとの間で様々な課題が浮き彫りになり、近年のSOAやEAの進展、さらにはグリッド技術の発達等により、アウトソーシングのサービス内容や形態も変わってくるであろう。
この方向性については、また別途まとめることにする。

 

SaaSとOS2.0 その2:ASP(SaaS)の市場予測、その市場拡大の可能性

SaaSとOS2.0 その3:SaaSの特徴、セールスフォース・ドットコムを例に整理

SaaS その4 特徴(詳細):セールスフォース・ドットコム、主な特徴について整理

 

SaaS:Software As A Service
ASP:Application Service Provider
OS:Outsorcing

 

IT業界の今後 ≫ SaaSとOS2.0 その1

 

« 人間性は変えられるのか | トップページ | インタビュー能力 »

3.IT動向」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90991/10945098

この記事へのトラックバック一覧です: SaaSとOS2.0 その1:

« 人間性は変えられるのか | トップページ | インタビュー能力 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――