2016/07/31

NECと富士通の2016年度第1四半期決算は売上減、NECは過去2番目の赤字、富士通は赤字幅縮小

先日、NECと富士通から2016年度第1四半期決算(2016年4月1日~2016年6月30日)と通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

ICT関連事業が中心の両社は、

  • ・NECは、前年同期に対し減収減益となり、営業赤字額としてはリーマンショック後に次いで大きな結果となりました。
  • ・富士通は、国内外での減収と為替影響約450億円などにより全体として減収となりましたが、営業利益はパソコンや携帯電話でのコストダウンや費用効率化などにより増益となりました。

20160730denki_y

» 続きを読む

2016/05/17

国内電機の決算まとめ、2015年度(2016年3月期、2015年4月~2016年3月)と2016年度予想

国内の電機8社の2015年度(2016年3月期、2015年4月~2016年3月)決算と2016年度の通期予想が出そろいましたので、概要を整理します。

20160517denki_y1


中国景気の減速や下期からの円高基調の影響に加え、構造改革の進み具合により差はあるものの、売上高は日立製作所と三菱電機の2社が前年度に対して増収、営業利益ベースではソニーとパナソニックの2社が増益したのみにとどまっています。

特に、財務体質強化の途中にある東芝、鴻海精密工業グループとの戦略的提携を発表したシャープの2社は、営業赤字となっています。

電機とITの決算 ≫ 国内電機の2015年度(平成27年度)決算まとめ

 

» 続きを読む

2016/05/07

NECと富士通の2015年度決算は減収減益、NECは官公など不振、富士通はSI伸長も為替影響

先日、NECと富士通の2015年度通期決算(2015年4月1日~2016年3月31日)と2016年度通期予想が発表されましたので、概況を整理します。

ICT関連事業が中心の両社ですが、成長戦略の実効に苦戦しています。

  • ・NECは、国内の流通及び製造業向けの売上高は伸長したものの、官公庁向けと通信事業者向けが減収し、全体としては減収減益
  • ・富士通は、ネットワークプロダクトやPC事業が減収になったものの、システムインテグレーションが伸長し、全体としては国内及び海外ともに前年度並みとなりましたが、利益面ではビジネスモデル変革費用の計上と海外での部品調達コストの上昇により減益

20160507nec_fujitsu_y

» 続きを読む

2015/12/15

書籍 HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか/ベン・ホロウィッツ(著)

HARD THINGS
答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか

ベン・ホロウィッツ(著)、小澤隆生(その他)、滑川海彦、高橋信夫(翻訳)
出版社:日経BP社(2015/4/17)
Amazon.co.jp:HARD THINGS

 

20151212hard_things

シリコンバレーのスター経営者に慕われる最強投資家からのアドバイス

「偉大な会社をつくり、育て、運営したいすべての人に、信じられないほど価値ある本」
マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックCEO)

 

本書は、かつてはネットスケープなどを経てオプスウェア(元ラウドクラウド)の共同創業者兼CEO、現在はシリコンバレーで一番注目されるベンチャーキャピタル「アンドリューセン・ホロニック」の共同創業者兼ゼネラルパートナーであり、シリコンバレーのスター経営者に慕われる最強投資家の著者が、壮絶すぎる実体験を通して得た教訓を綴った一冊です。

アンドリューセン・ホロニックは、次世代の最先端テクノロジー企業を生み出す起業家に投資しており、投資先にはエア・ビー・アンド・ビー、ギットハブ、フェイスブック、ピンタレスト、ツイッターなどがあります。

本書は、偉大な会社になるための法則を解説したものではなく、起業やビジネスで直面する困難(ハード・シングス)にはどんなものがあるのかを指摘し、それらを切り抜けるための対処法を生々しく語っています。

起業家だけではなく、組織のリーダーや事業を立ち上げようとされている方々にとって、本書のアドバイスから知恵と勇気を得ることができます。

» 続きを読む

2015/12/03

書籍 ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学/入山 章栄(著)

ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学

入山 章栄(著)
出版社:日経BP社 (2015/11/20)
Amazon.co.jp:ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学

 

20151203

ドラッカー、ポーターしか知らないあなたへ
最先端の「知」こそがビジネス課題を解き明かす

日本企業を取り巻くビジネス課題について、10年間米国で経営学研究に携わってきた気鋭の日本人学者が、世界の経営学のエッセンスを圧倒的に分かりやすく解説。

最先端の「ビジネス知」が、あなたの常識を覆す。
圧巻の全26章。

 

本書は、2013年秋までの10年間、米国の二つのビジネススクールに在籍し、経営学の勉強・教育・研修に携わり、現在は早稲田大学ビジネススクール准教授の著者が、MBA本やビジネス誌を読んでも、ビジネススクールの授業を通じても知り得ない「世界最先端の知見」を解説した一冊です。

一般的に知られている「経営学」と、世界の最先端で経営学者が生み出している知見の間には、きわめて大きなギャップがあるとして、「イノベーション」「グローバル化」「組織学習」「ダイバーシティー」「競争理論」「リーダーシップ」「CSR」「女性の企業参加」「同族経営」など、日本で話題になりやすい11テーマについて、世界先端の経営学の知見を身近な事例に引き付けて紹介しています。

本書では、前著と同様に多くの論文や実証分析を紹介しながら経営理論を検証していますので、経営や戦略立案を担っているリーダーにとってはビジネスへの「思考の軸や考え方」に対する示唆を得ることができ、経営学の研究者や興味のある方々にとっては「世界最先端の経営学の知」を確認することができます。

» 続きを読む

2015/11/24

書籍 間違いだらけのビジネス戦略/山田 修(著)

間違いだらけのビジネス戦略
山田 修(著)
出版社:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)  (2015/11/13)
Amazon.co.jp:間違いだらけのビジネス戦略

 

20151117

ビジネスシーンを騒がせた「失敗」に学ぶ「戦略の本質」

元祖「企業再生経営者」の超人気連載をまとめ読み!

 

 

 

本書は、6社の社長を歴任し「企業再生請負人」と評された著者が、大手ニュースサイト「ビジネスジャーナル」での連載の中から閲覧数上位の記事を抜粋、まとめた一冊です。

各記事は、「出来るだけタイムリーに」「出来るだけ正確に」「出来るだけオリジナルに」の三原則に基づいて、主に今年前半にビジネスシーンを騒がせた出来事を取り上げて、起きたその週に、生の情報を著者自身で集め、判断した見解が書き込まれています。

著者の経営者としての経験に基づく戦略的視点の鋭い分析や提言は、経営や戦略立案を担っているリーダーだけでなく、それらを研究している方々にとって、大変勉強になります。

また、取り上げられた出来事が、その後どのように展開してきたか、著者の分析や提言が当たったかという表面的な事象だけではなく、その事象が展開されてきた根本的な要因を理解する上でも大いに役立ちます。

» 続きを読む

2015/05/07

書籍 年収は「住むところ」で決まる/エンリコ・モレッティ(著)

年収は「住むところ」で決まる
雇用とイノベーションの都市経済学
エンリコ・モレッティ(著)、安田洋祐(解説)、池村千秋(翻訳)
出版社:プレジデント社(2014/4/23)
Amazon.co.jp:年収は「住むところ」で決まる

 

20150506

「イノベーション都市」の高卒者は、「旧来型製造業都市」の大卒者より稼いでいる!?

新しい仕事はどこで生まれているか?

「ものづくり」大国にとっての不都合な真実。

 

著者は、労働経済学、都市経済学、地域経済学を専門とするカリフォルニア大学バークレー校経済学部教授、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)国際成長センター・都市化プログラムディレクターであり、現実のデータを用いた実証研究のスペシャリストであり、経済学界を代表する若手注目株の一人です。

その著者が、アメリカ経済の新たな成長エンジンであるイノベーション産業が、なぜシリコンバレーのような限られた地域に集積し、それがアメリカの暮らしをどのように変えてきたのかを、ミクロとマクロの両面から分析した一冊です。

本書の分析は、世界経済の変化が仕事の世界をどのように様変わりさせつつあるのかを明らかにしており、アメリカで変わりつつあることが日本の未来を見通すうえで参考になります。

» 続きを読む

2015/05/02

書籍 ビジネス・クリエーション!/ビル・オーレット(著)

ビジネス・クリエーション!
アイデアや技術から新しい製品・サービスを創る24ステップ
ビル・オーレット(著)、月沢 李歌子(翻訳)
出版社:ダイヤモンド社(2014/12/12)
Amazon.co.jp:ビジネス・クリエーション!

 

20150502business_creation

アイデアや技術から新しい製品・サービスを創る24ステップ
24ステップを通じて、ビジネス成功に不可欠な6つの課題に答えがみつかる!

毎年900の新会社をうみだすMIT式スタートアップの教科書

誰にでもできる!アイデアをお金に換えるプロセス全公開

 

著者は、マサチューセッツ工科大学(MIT)で起業家教育を担うMITマーティン・トラスト・アントプレナーシップ・センターのマネージング・ディレクターであり、みずから創業するとともに複数のベンチャー企業の社長・役員を歴任し、MITスローン・スクール・オブ・マネジメントの上級講師も兼務されています。

その著者が、起業に必要な発想や行動プロセスは、「ひと握りの天才しか持ち合わせない能力である」ことを否定し、新たな製品やサービスをもとにビジネスを始めるための手順を体系的に学習できるようにまとめた一冊です。

起業家の方々だけではなく、企業内で新たに事業を立ち上げを担っていらっしゃる方々にとって、新しいビジネスのアイデアや技術を特定できた際に、本書のステップを通じて事業計画の内容をチェックし具体化していくことに役立ちます。

» 続きを読む

2015/01/30

書籍 21世紀の資本/トマ・ピケティ(著)

21世紀の資本
トマ・ピケティ(著)、山形浩生、守岡桜、森本正史(翻訳)
出版社:みすず書房(2014/12/9)
Amazon.co.jp:21世紀の資本

 

2015021421

資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す。

格差は長期的にはどのように変化してきたのか?
資本の蓄積と分配は何によって決定づけられているのか?
所得格差と経済成長は、今後どうなるのか?

 

本書は、パリ経済学校経済学教授、社会科学高等研究院(EHESS)経済学教授の著者が、1998年から2013年までの15年にわたる研究を通して、18世紀にまでさかのぼる詳細なデータと明晰な理論を展開している一冊です。

学術書にもかかわらず、2014年4月に英語版が公刊されるとアマゾン総合売上ランキング1位となり、以降数十か国で発売された世界的ベストセラーです。

700ページに及ぶボリュームで専門用語も並んではいますが、「格差をめぐる議論に大変革をもたらしつつある」本書を是非とも一読お薦めします。

特に、「富の格差」を膨大なデータを公開し裏付けている点、格差是正の対策として「富裕層への課税」を提言している点などは、私たちも考えなければいけないテーマです。

» 続きを読む

2015/01/16

SWOT分析、「擦り合わせ型」と「モジュール型」製品、内部と外部環境のどちらから分析すべきか

Swot3

フレームワークに頼りすぎると既存の延長線の手段しか考えられない危険性もありますが、SWOT分析は内部環境(「強み」と「弱み」)と外部環境(「機会」と「脅威」)を整理し、経営や事業戦略を立案するための有効なフレームワークのひとつです。

SWOT分析に当たっては、「内部環境」と「外部環境」を同時並行で分析し、今後の戦略を考えていくことが必要となります。

そこで、あえて「擦り合わせ型」と「モジュール型」の製品特性の観点から、「内部環境」と「外部環境」分析の優先順位が変わっていくのかを考えていきます。

» 続きを読む

«SWOT分析の例、NECのパソコン(PC)事業における1980年代と2000年代の比較

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog内記事




  • follow us in feedly フィード購読 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近のコメント

――――――――――――